gpd10 script

2017/07/30

犬と猫 サントラ動画プロジェクト #6

公開から少し経ちましたが、
「犬と猫 サントラ動画プロジェクト」 第6弾!

王国のソウルスミスのサントラ動画です。



これまでと同様、YouTubeサイトでの説明文には
トラックリストと共に
「02:52」「04:47」などと各曲の開始時間が記述されています。

クリックしていただきますと、
その時間へダイレクトにジャンプする仕組みになっていますので、
気分に合わせてご活用下さい。


今回の動画制作について少しだけ。

毎回イラストは小夏さんが描き、
私は文字アニメーションの部分を担当しており、
制作ツール(AfterEffect)の勉強をしながら
ゲーム本編やサントライラストのイメージに合わせて
いろいろ作ってきました。

今回は魂と鉄をモチーフとして、
人魂のような炎アニメーションと
金属が融解するようなモーフィングアニメーションを
組み合わせた文字アニメーションにしました。

モーフィングの方は特に工夫もないのですが(苦笑)
炎アニメーションは大変苦戦しました。
普通に作ると、イラストの魂と印象が大きくかけ離れてしまうのです。

不慣れなエフェクトのパラメータの扱いに四苦八苦しながら、
炎の広がり方やハイライトの入り方などを調整し、
何とか近づけた結果がこの動画です。
(まだまだ改善の余地はあります)

次からは、イラストの一部をアニメーションで再現するのは
避けようと思いますw



さて、不定期配信の「晴れ曇テーマコレクション」

シリーズのBGMから特定のテーマを持つ楽曲を集めて
連続で聞けるようにしたミニ音楽集です。

久々の更新となる第7弾のテーマは、「オーケストラ」

ファンタジー作品のサントラとしては定番のジャンルですが、
私の作曲脳が基本的にポップス寄りなので、
純粋なオーケストラ曲はわりとレアです。

ファンタジー気分を味わいたい時のBGMにいかがでしょうか?




晴れ雲テーマコレクションは、もう1回続きます。
どうぞお楽しみに。

2017/06/25

soulsmith of kingdom ost #08

王国のソウルスミス OST

最終回は
エンディングテーマ「遥かなる聖剣」です。





曲名は「聖剣イシュワルド」から付けています。
主人公ニーネの祖先が製作した伝説の神器です。


依頼時に、エンディングは
目標を達成したものの、鍛冶屋としてはまだまだ道半ば
のような話になるという説明があったため、
感動的な展開をさせながらも
長い旅路を想起させるストイックな曲を目指しました。


曲調がいつになく暗めなのは、
たまたまこの曲の製作中に見ていた
とある鬱ゲームの実況動画の影響です。。
(これでもだいぶ明るく軌道修正したつもりですが)


新たな目標に向けて再出発する時のBGMにいかがでしょうか?



さて、毎週配信(?)の「晴れ曇テーマコレクション」

シリーズのBGMから特定のテーマを持つ楽曲を集めて
連続で聞けるようにしたミニ音楽集です。

第6弾のテーマは、「メロディアス」
だいたいエンディング曲です。

歌うようなメロディアスな曲は通常のBGMにはあまり向かないのですが、
この手の曲を作るのは好きなので、
基本的にエンディングで放出するようにしています。

気持ちを高めたい時のBGMにいかがでしょうか?







以上で王国のソウルスミス OSTのリリースは完了です。

(ちなみに、「晴れ曇テーマコレクション」は
 今回で終わりではありません。)

音楽データが欲しい方は
ゲーム購入者限定アンケートにご回答いただけると、
特典としてダウンロードができるようになります。

手元に欲しいという方は是非ご検討ください。



最後に、今回の作曲の感想を書かせていただきます。

今回は最初にかちっとしたテーマを定めきれず、
いまいちしっくりまとまらない、不安な前半戦でした。

後半戦に差し掛かりオープニング曲を作ったあたりで
「モダン民族オーケストラ」というテーマが見えてきましたが、
その頃はメンタルが弱っていたため、
感情表現のさじ加減がうまくコントロールできず、
必要以上に明るかったり激しかったりする曲が出来上がりました。

そんな、表現者としての未熟さが露呈したプロジェクトでした。
安定して作曲できる実力をつけていきたいです。


その一方、
「民族音楽」をテーマとしたサントラを作成できたことは
今回の大きな成果でした。

民族音楽というと、
2008年のLLBでインド伝統音楽に挑戦した際に
いろんな国の民族音楽を聴き漁り、その魅力にはまり、
その頃からぼんやりと構想を温めていたので、
ほぼ10年越しに実現できたのでした。

構想を温めているテーマは他にもあるので、
それらも一つずつ実現させていければなぁ、と思います。


それでは、またいつかお会いしましょう。

2017/06/18

soulsmith of kingdom ost #07

王国のソウルスミス OST

7曲目の今回は
夏のテーマ「マサムネ」です。



曲名は「名刀正宗」から付けています。
東方の国で作られた、品格漂う名刀です。


ジャンルは和モダンエレクトロポップです。

鍛冶屋道というか武士道のような緊張感を込めつつ、
次代を担う若者の現代的な感性も織り交ぜました。


前作ウィッチリングマイスターと同様に
「清涼感のある夏」にしました。

これまでも涼しげな曲はいくつか作っていますが、
これらと差別化しようと検討した結果、
しっとり系サマーソングの要素を取り入れることになり、
夏祭りの終わりのような切ない和風のニュアンスが加わりました。


夏の思い出にしんみり浸りたい時のBGMにいかがでしょうか?


さて、毎週配信(?)の「晴れ曇テーマコレクション」

シリーズのBGMから特定のテーマを持つ楽曲を集めて
連続で聞けるようにしたミニ音楽集です。

第5弾のテーマは、「清涼感」です。
意外と夏のテーマには暑そうな曲を作ってきていないようです(笑)

暑さを忘れて爽やかに過ごしたい時のBGMにいかがでしょうか?




それでは、また1週間後にお会いしましょう。

2017/06/11

soulsmith of kingdom ost #06

王国のソウルスミス OST

6曲目の今回は
ミニゲーム曲「ソードオブフェイト」です。



曲名は「宿命の剣」から付けています。
戦うことを宿命づけられているというかっこいい剣です。


ジャンルはアグレッシブ民族ロックです。

主人公ニーネの天才鍛冶師ぶりは
どうしても間接的に描かれがちなので、
音楽でその雄姿を表現できないものか
という想いから作った曲です。


本気モードで仕事をするニーネの
ただならぬ気迫を感じていただけたら幸いです。

といっても、この曲が流れるミニゲームで
ニーネは鍛冶をするわけではありませんが(笑)


本気を出したい時のBGMにいかがでしょうか?


さて、やはり今週も「晴れ曇テーマコレクション」を配信します。

シリーズのBGMから特定のテーマを持つ楽曲を集めて
連続で聞けるようにしたミニ音楽集です。

第4弾のテーマは、「バトル!!」です。
バトル曲の他、ミニゲーム曲も含みます(ちょっと多いです)

難題に挑むための気合が欲しい時のBGMにいかがでしょうか?




それでは、また1週間後にお会いしましょう。

2017/06/04

soulsmith of kingdom ost #05

はじめにお知らせがあります。


小夏さん書下ろしの
ジャケットイラストが完成しました!




グランジデザインも軽やかに取り入れてしまう小夏さん、
マジ尊敬っす。


では曲紹介です。


王国のソウルスミス OST

5曲目の今回は
冬のテーマ「シルバーセイバー」です。



曲名は「白銀の剣」(あるいは銀の剣)から付けています。
美しさと強さを兼ねそろえたイケメンな武器です。


ジャンルはモダンオーケストラポップです。

冬の寒さと主人公の不思議キャラな一面を表現するべく
クールでファンシーでミステリアスな雰囲気の曲を作りました。


過去作品を振り返ってみると、
不思議系の曲は毎回1曲は作っていたようです。
そしてだいたい冬の曲です(謎)

おそらく主人公となるキャラクターに対して毎回毎回
何かしらの謎めいた側面があると感じていることが
曲作りに表れているのかと思われます。

冬の曲というと、いわゆるクリスマスっぽい音楽が定番ですが
その手の曲を私は聴くのも作るのも苦手なので、
そこから離れようとした結果、
「不思議系」枠が冬にあてがわれてしまうのかもしれませんね。


クールに集中したい時のBGMにいかがでしょうか?


さて、不定期配信と宣言しながら
毎週配信が続いている「晴れ曇テーマコレクション」

シリーズのBGMから特定のテーマを持つ楽曲を集めて
連続で聞けるようにしたミニ音楽集を配信いたします。

第3弾のテーマは「不思議系」です。
冬のテーマ率高めです。

不思議な雰囲気に包まれて
気分をリセットしたい時のBGMにいかがでしょうか?




それでは、また1週間後にお会いしましょう。

2017/05/28

soulsmith of kingdom ost #04

王国のソウルスミス OST

4曲目の今回は
秋のテーマ「ドラゴンブレード」です。



曲名は「神龍の剣」(あるいは龍の剣)から付けています。
龍の牙から作られるという浪漫溢れる強力な武器です。


ジャンルは強いて言うならブラスバンド系モダン民族ロックです(長)


最近の犬と猫での作曲では、
最初に仮納品するサンプル曲の延長で完成品になることが多いのですが、
この曲は大きく様変わりしました。

もともと四季のテーマのうち、
この曲のみを民族音楽(民族ロック)として作る予定でした。

しかし、
全体の統一感を検討した結果、
民族音楽とオーケストラの要素をすべての曲に加えることになり、
当初シンプルな楽器構成で作っていたこの曲を
ブラスバンド風にアレンジし直すことになったのでした。


後半の一気にテンションが上がる部分(1:59~)は
普段物静かな主人公が仕事モードになると豹変する様子を
表現するために作っていました。

しかし、楽曲が格段と分厚くなった結果、
激しくもゴージャスな雰囲気から「飛龍」が連想され、
この豹変部分から
直後の落ち着きを取り戻していく部分(2:19~)への展開が
自由自在に大空を支配する龍の勇猛な姿とリンクし、
(つまり主人公の本気モードと龍がリンク)
曲の深みがぐっと増したように感じました。


意識高くテンション高く仕事をしたい時のBGMにいかがでしょうか?



さて、不定期配信の「晴れ曇テーマコレクション」

シリーズのBGMから特定のテーマを持つ楽曲を集めて
連続で聞けるようにしたミニ音楽集を配信いたします。

第2弾のテーマは「元気ロック!」です。
並べてみて気づく、この手の曲のサックス使用率の高さ(笑)

元気を出したい時のBGMにいかがでしょうか?




それでは、また1週間後にお会いしましょう。

2017/05/21

soulsmith of kingdom ost #03

王国のソウルスミス OST

3曲目の今回は
オープニング曲「はじめは銅のダガーから」です。



曲名は文字通り「銅のダガー」から付けています。
作中では初心者が最初に扱う武器として登場します。

老舗の鍛冶屋という古風な雰囲気と
1から始めよう、というニュアンスが出るように、
使う楽器やコードは原始的なものをイメージしました。
(あくまでイメージです。厳密ではありません。)

また、最近のシリーズのオープニング曲は、
少しのんびりした三拍子のリズムで作っています。

主人公の幼さ(未熟さ)を表現したい時に、
無邪気な雰囲気が出る三拍子リズムを採用することが多いです。


新しいことを始めて戸惑った時のBGMにいかがでしょうか?


さて、突然ですが、今回から新しい企画を始めます。

その名も、「晴れ曇テーマコレクション」

私が担当した晴れ曇シリーズ6作品+αのBGMおよそ60曲から
特定のテーマを持つ楽曲を集めて
連続で聞けるようにしたミニ音楽集を、不定期で配信いたします。


第1弾のテーマは「のんびり三拍子」です。
まったりした無邪気な気分に浸りたい時のBGMにいかがでしょうか?




それでは、また1週間後にお会いしましょう。