gpd10 script

2016/08/21

witch ring meister comment

「ウィッチリングマイスター」購入者限定アンケートの回答特典として
今回もサントラデータをプレゼントしています。
http://inutoneko.jp/game/015_ring/ring_top.html

サウンドに関するご感想をたくさんいただきましたので、
この場を借りていくつか紹介させていただきます。

本当にいつもありがとうございます!


大好きです! 聴いていて爽やかな気分になれる一方で音の作りや賑やかな感じがマリエの見た目で連想する魔女っぽいなあ、と。 この主人公らしい曲だな、というのが聴いていてぱっと伝わるので、とても良い感じでした。
全体的に跳ねる感じの音楽で陽気なイメージの物が多かったですね。 ゲームの雰囲気にマッチしていたと思います。
魔法っぽさとゴージャスな雰囲気が混ざっていて良かった
没入感を高めてくれる素敵なBGMでした。クオリティー高し!
作品の世界観を、作中の言葉に頼らずBGMでどこまで説明できるかが
音楽担当の勝負だと思っております。

「魔女」で「デザイナー」というベクトルの違いすぎる設定を
両立させるのにはなかなか難儀しましたが、
このような感想をいただけて嬉しいです。

長らく聞いてても飽きない造り凄いと思います。 陽気な曲で楽しくプレイできました。
作業用BGMとしても良い音楽だと思う。音楽が気になって手が止まることがなかった。
ずっと聞いていても飽きず、中毒性のある良い音楽だと毎作思っています。
前回の「ダンジョン少女」にはアグレッシブな曲が多く、
背景の音楽としてのバランスを取るのには工夫が必要でしたが、
今回はお洒落でクールな雰囲気を最初から目指していたので
その辺のバランスはわりと取りやすかったと思います。

聞き慣れた安心感というか、「あ、犬猫さんのゲームだ」って感じがします。
安定のクオリティで良かったです。
ダンジョン少女もそうでしたが、大変素晴らしいサウンドです☆
今回は諸事情により時間が取れない中での作曲で、
十分に練り上げる余裕がなく
ほとんど一発勝負のような状態で作る羽目になってしまったので
クオリティについて若干心配しておりました。

それでもこのように言っていただけて一安心しましたが、
これにおごらず上を目指していきたいです。

月日と共に変わっていく音楽がどれもとても良くて、聴いている内にいつの間にか好きになっていました。 「あの音楽また聴きたいかも」とゲームを起動する日もありました。 プレイ時間もまだ少ないのですが、記憶に残る音楽であり素敵だと思います。
ありがとうございます。

私自身も、内容以上に音楽が好きになったゲーム作品は数多くあります。
私の音楽がそのような存在になれたことは、かなり感慨深いです。

特典のサントラMP3も末永くお楽しみいただけたら幸いです。

秋のBGMが印象的でとても良かったです。
秋BGMがすきです!
秋の曲「稲妻ぴかりんペンダント」が四季曲の中では一番人気があるようですね。

晴れ曇のBGMとして一番正統派でした。
(小夏さんからもゲームの雰囲気に一番合っていると言われていました)

 今後もこういう正統派路線を担当する音楽は残しつつ、
いろんな曲を作っていこうと思います。



皆様あたたかいご感想をありがとうございました。

このほかにもたくさんのご感想を頂きました。
「とてもいい感じ」「いつも楽しみにしています」などのような
シンプルなメッセージもありました。
これらも含めてすべて励みになっております。

ものづくりをして発表する者にとって、
届けた先の人々の声を聞けるのは
それだけで大変ありがたいことです。


ちょっとしたご感想で結構ですので、
今後もお気軽にお寄せいただけたら幸いです。

犬と猫 サントラ動画プロジェクト #5

公開から少し経ちましたが、
「犬と猫 サントラ動画プロジェクト」 第5弾!

ウィッチリングマイスターのサントラ動画です。



前回と同様、YouTubeサイトでの説明文には
トラックリストと共に
「04:01」「05:34」などと各曲の開始時間が記述されています。

クリックしていただきますと、
その時間へダイレクトにジャンプする仕組みになっていますので、
上手にご活用下さい。



また、クレオフーガにアップしていた30分ループExtend版の
プレイリスト(全4曲 2時間分を連続再生します)を用意しました。

こちらも作業BGMにいかがでしょうか。

プレイリスト「ウィッチリングマイスター OST Extend」
https://creofuga.net/playlists/5451


また次回をお楽しみに!

2016/07/02

witch ring meister ost #08

ウィッチリングマイスター OST

最終回は
エンディング曲「ダイヤモンドリング」です。




高みに到達した主人公を祝福する
大げさ過ぎない大団円のような音楽というお題があり、
優しく穏やかに盛り上がるポップバラードを作りました。


今回はファッションデザイナーがテーマの作品でしたが、
私自身も仕事やらミュージカルやら引越しやらで
これまでになく時間がとれない中で
どれだけ短時間で効率良くクオリティ高く作れるかという、
まさにデザイナーらしい状況で必死に作曲していました。

曲数がやや少ないこともありますが、
ダンジョン少女の1/4ぐらいの時間で仕上げたという感覚です。

幸い、音楽の方向性や特徴の付け方をわりと早い段階で見出せたので、
スムーズに作り進めることは出来たのですが、
このエンディング曲だけはかなり悩みました。

作っては消しを繰り返しつつ、
最終的にはライトモチーフが道しるべとなってサビが出来上がり、
そこから発展するように周りも固まっていき、
どうにか完成させることができたのでした。


道を見失ったら、
立ち止まり来た道を振り返ってみるのも良いかもしれませんね。
そこにはきっと窮地を救うヒントが転がっていますから。


このようにどうにか難題を乗り越えた自分を
祝福したい時のBGMにいかがでしょうか?


以上でウィッチリングマイスター OSTのリリースは完了です。


Twitterでも少し紹介いたしましたが、
音楽データが欲しい方は
ゲーム購入者限定アンケートにご回答いただけると、
特典としてダウンロードができるようになります。

旅のお供として手元に欲しいという方は
是非ご検討ください。

2016/06/25

witch ring meister ost #07

ウィッチリングマイスター OST

7曲目の今回は
春のテーマ「そよ風らんらんイヤリング」です。




タイトルやオープニングが終わり
ゲーム本編がはじまって最初に流れる通常BGMということで、
都会でのショップ経営という今までにない新鮮な世界観を演出するため
爽やかクールに吹き抜ける春風をイメージした現代的なレトロポップにしました。

新しいことを始める際に背中を押してほしい時のBGMにいかがでしょうか?


この曲は30分ループExtend版も用意しています。
新鮮な気持ちで30分間集中したい時は、こちらをどうぞ。



それでは、また1週間後にお会いしましょう。
次回は最終回です。

2016/06/18

witch ring meister ost #06

ウィッチリングマイスター OST

6曲目の今回は
パズル曲「マインド・ラビリンス」です。




前作と異なり、今作のパズルは
時間制限がある中で効率よく攻略していかなければならないということで、
スピード感とインテリ感を意識したミステリアスポップにしました。

精神世界を音で表現するため、
派手に高鳴る外向きの音の使用を控えめにして
柔らかくこもって響く内向きの音を使うようにしていました。


頭を働かせて難題に挑戦したい時のBGMにいかがでしょうか?


それでは、また1週間後にお会いしましょう。

2016/06/11

witch ring meister ost #05

ウィッチリングマイスター OST

楽しげな曲が続きましたが、
ここからカッコいいゾーンに突入します。

5曲目の今回は
冬のテーマ「星屑きらりんラリエット」です。





色とりどりに輝く宝石を冬の澄んだ夜空に輝く星々に見立て、
キラキラしたリズムに乗せた
透明感のある不思議なエレクトロポップを作りました。

リピートしながら発展していくミニマルな構造が作り進めやすく、
気づけば1ループで5分を超える長さになっていました。
自分の曲としては最長かもしれません。


広い宇宙に思いを馳せて現実から離れたい時のBGMにいかがでしょうか?


この曲は30分ループExtend版も用意しています。
意識を異空間へトリップさせて30分間集中したい時は、こちらをどうぞ。




それでは、また1週間後にお会いしましょう。

2016/06/04

witch ring meister ost #04

はじめにお知らせがあります。


小夏さん書下ろしの
ジャケットイラストが完成しました!


ポップなデザインも出来てしまう小夏さん、素敵です。


では曲紹介です。


ウィッチリングマイスター OST

4曲目の今回は
オープニング曲「チクタクロック」です。
各種イベントにも使われています。




三拍子のリズムに合わせて、
鳩時計をイメージした音で構成した
準・道具音楽です。

主人公マリエッタはいつも何となく気持ちが焦り
立ち止まれない性分ということで、
「時」をテーマにした曲にしました。


他の曲は都会派な雰囲気で統一していますが、
この曲ではコミカルで異質な雰囲気を前面に出したかったため
クールな成分は控えめにしています。

メインの楽器には現代的なシンセを使いながら、
コード進行やメロディで原始的な雰囲気を作ることで、
都会に住む魔法使いという不思議な世界観を演出しました。

さらに、イントロが終わる0:35あたりからは
ロックのリズムによる力強さが加わり、
物語の始まりのテンションを盛り上げます。


何となく感じる焦りを
動き出すためのエネルギーに換えたい時のBGMにいかがでしょうか?


それでは、また1週間後にお会いしましょう。