gpd10 script

2017/05/21

soulsmith of kingdom ost #03

王国のソウルスミス OST

3曲目の今回は
オープニング曲「はじめは銅のダガーから」です。





曲名は文字通り「銅のダガー」から付けています。
作中では初心者が最初に扱う武器として登場します。

老舗の鍛冶屋という古風な雰囲気と
1から始めよう、というニュアンスが出るように、
使う楽器やコードは原始的なものをイメージしました。
(あくまでイメージです。厳密ではありません。)

また、最近のシリーズのオープニング曲は、
少しのんびりした三拍子のリズムで作っています。

主人公の幼さ(未熟さ)を表現したい時に、
無邪気な雰囲気が出る三拍子リズムを採用することが多いです。


新しいことを始めて戸惑った時のBGMにいかがでしょうか?


さて、突然ですが、今回から新しい企画を始めます。

その名も、「晴れ曇テーマコレクション」

私が担当した晴れ曇シリーズ6作品+αのBGMおよそ60曲から
特定のテーマを持つ楽曲を集めて
連続で聞けるようにしたミニ音楽集を、不定期で配信いたします。


第1弾のテーマは「のんびり三拍子」です。
まったりした無邪気な気分に浸りたい時のBGMにいかがでしょうか?




それでは、また1週間後にお会いしましょう。

2017/05/14

soulsmith of kingdom ost #02

王国のソウルスミス OST

2曲目の今回は
タイトル曲「旅のお供にこの剣を」です。





曲名は「旅人の剣」をイメージしたものです。

主人公は旅暮らしでもしていそうなユニークな服装なので、
そこからインスパイアされた民族ポップです。


「世界を旅したい」という産声を町に響かせながら、
鉄の塊はやがて剣へと成長し、
同じく旅に憧れる人間と共に広い世界へ向かう
という小さな冒険浪漫を、
優しい民族楽器でやや穏やかに描きました。


0:53あたりと1:06からのサビに「上がって下がる5音」がありますが、
これが今回のサントラのライトモチーフとしてすべての曲に登場します。

(前回の春のテーマにも分かりにくいですが実はありました。)


憧れていることに挑戦する勇気がほしい時のBGMにいかがでしょうか?


それでは、また1週間後にお会いしましょう。

2017/05/07

soulsmith of kingdom ost #01

ご無沙汰しております。
そしてお待たせしました。

「王国のソウルスミス OST」配信スタートです!
毎週1曲ずつ配信していきますので、今年もお付き合い下さい。


「王国のソウルスミス」とは:
http://inutoneko.jp/game/016_soul/soul_top.html


説明が長くなるので、とりあえずミュージックスタート!(笑)


1曲目は春のテーマ「キングダムソード」です。






最初に、サントラ全体のテーマについて説明します。

初期構想段階では、なんと
「鉄を感じる武骨な少し男臭いイメージ」
というキーワードでスタートしていました(笑)

その後の調整で女性的な面を押し出す形に変更されましたが、
一部はそのまま残り、
最終的にテーマはこうなりました。

「笛と打楽器を中心としたオーケストラ隊で表現する
 メタリックでストイックでエスニックなミスティックガール」

何これ長すぎぃ。


ただし、「オーケストラ隊」と言っているものの
オーケストラ曲らしいオーケストラ曲は
今回の春のテーマを含めて、実は8曲中2曲しかありません。

他は、笛を中心とした楽器音がオーケストラのように響き合う、
様々なジャンルの音楽となっています。

展性や塑性などの金属が持つ多彩な特性、
ふいごや鍛錬などの鍛冶の緻密な工程、
多様な性格の登場人物との触れ合い、
そういった様々な要素が絡み合った複雑な作品を表現するために、
メインのジャンルをひとつ据えるのを
今回はあえて避けることにしたのでした。


また、
主人公の普段の消極的な性格と
時折見せる鍛冶に対する情熱を表現するべく、
どの曲にも少し影を含ませつつ
激しく盛り上がるポイントを織り交ぜるようにしました。

さらに、
各楽曲を作中に登場する武器に対応付けることで
サントラに深みとまとまりをもたらしました。



というのが今回のサントラの全容ですが、
春のテーマについては、
笛の装飾音やパーカッションが目立つ以外は
わりと王道のコミカルファンタジーオーケストラです。

王国の兵力を長年支えてきた一族の誇りと
主人公の若く瑞々しい側面を表現しています。


新しいことに前向きに挑戦したい時のBGMにいかがでしょうか。


それでは、また1週間後にお会いしましょう。

2016/08/21

witch ring meister comment

「ウィッチリングマイスター」購入者限定アンケートの回答特典として
今回もサントラデータをプレゼントしています。
http://inutoneko.jp/game/015_ring/ring_top.html

サウンドに関するご感想をたくさんいただきましたので、
この場を借りていくつか紹介させていただきます。

本当にいつもありがとうございます!


大好きです! 聴いていて爽やかな気分になれる一方で音の作りや賑やかな感じがマリエの見た目で連想する魔女っぽいなあ、と。 この主人公らしい曲だな、というのが聴いていてぱっと伝わるので、とても良い感じでした。
全体的に跳ねる感じの音楽で陽気なイメージの物が多かったですね。 ゲームの雰囲気にマッチしていたと思います。
魔法っぽさとゴージャスな雰囲気が混ざっていて良かった
没入感を高めてくれる素敵なBGMでした。クオリティー高し!
作品の世界観を、作中の言葉に頼らずBGMでどこまで説明できるかが
音楽担当の勝負だと思っております。

「魔女」で「デザイナー」というベクトルの違いすぎる設定を
両立させるのにはなかなか難儀しましたが、
このような感想をいただけて嬉しいです。

長らく聞いてても飽きない造り凄いと思います。 陽気な曲で楽しくプレイできました。
作業用BGMとしても良い音楽だと思う。音楽が気になって手が止まることがなかった。
ずっと聞いていても飽きず、中毒性のある良い音楽だと毎作思っています。
前回の「ダンジョン少女」にはアグレッシブな曲が多く、
背景の音楽としてのバランスを取るのには工夫が必要でしたが、
今回はお洒落でクールな雰囲気を最初から目指していたので
その辺のバランスはわりと取りやすかったと思います。

聞き慣れた安心感というか、「あ、犬猫さんのゲームだ」って感じがします。
安定のクオリティで良かったです。
ダンジョン少女もそうでしたが、大変素晴らしいサウンドです☆
今回は諸事情により時間が取れない中での作曲で、
十分に練り上げる余裕がなく
ほとんど一発勝負のような状態で作る羽目になってしまったので
クオリティについて若干心配しておりました。

それでもこのように言っていただけて一安心しましたが、
これにおごらず上を目指していきたいです。

月日と共に変わっていく音楽がどれもとても良くて、聴いている内にいつの間にか好きになっていました。 「あの音楽また聴きたいかも」とゲームを起動する日もありました。 プレイ時間もまだ少ないのですが、記憶に残る音楽であり素敵だと思います。
ありがとうございます。

私自身も、内容以上に音楽が好きになったゲーム作品は数多くあります。
私の音楽がそのような存在になれたことは、かなり感慨深いです。

特典のサントラMP3も末永くお楽しみいただけたら幸いです。

秋のBGMが印象的でとても良かったです。
秋BGMがすきです!
秋の曲「稲妻ぴかりんペンダント」が四季曲の中では一番人気があるようですね。

晴れ曇のBGMとして一番正統派でした。
(小夏さんからもゲームの雰囲気に一番合っていると言われていました)

 今後もこういう正統派路線を担当する音楽は残しつつ、
いろんな曲を作っていこうと思います。



皆様あたたかいご感想をありがとうございました。

このほかにもたくさんのご感想を頂きました。
「とてもいい感じ」「いつも楽しみにしています」などのような
シンプルなメッセージもありました。
これらも含めてすべて励みになっております。

ものづくりをして発表する者にとって、
届けた先の人々の声を聞けるのは
それだけで大変ありがたいことです。


ちょっとしたご感想で結構ですので、
今後もお気軽にお寄せいただけたら幸いです。

犬と猫 サントラ動画プロジェクト #5

公開から少し経ちましたが、
「犬と猫 サントラ動画プロジェクト」 第5弾!

ウィッチリングマイスターのサントラ動画です。



前回と同様、YouTubeサイトでの説明文には
トラックリストと共に
「04:01」「05:34」などと各曲の開始時間が記述されています。

クリックしていただきますと、
その時間へダイレクトにジャンプする仕組みになっていますので、
上手にご活用下さい。



また、クレオフーガにアップしていた30分ループExtend版の
プレイリスト(全4曲 2時間分を連続再生します)を用意しました。

こちらも作業BGMにいかがでしょうか。

プレイリスト「ウィッチリングマイスター OST Extend」
https://creofuga.net/playlists/5451


また次回をお楽しみに!

2016/07/02

witch ring meister ost #08

ウィッチリングマイスター OST

最終回は
エンディング曲「ダイヤモンドリング」です。




高みに到達した主人公を祝福する
大げさ過ぎない大団円のような音楽というお題があり、
優しく穏やかに盛り上がるポップバラードを作りました。


今回はファッションデザイナーがテーマの作品でしたが、
私自身も仕事やらミュージカルやら引越しやらで
これまでになく時間がとれない中で
どれだけ短時間で効率良くクオリティ高く作れるかという、
まさにデザイナーらしい状況で必死に作曲していました。

曲数がやや少ないこともありますが、
ダンジョン少女の1/4ぐらいの時間で仕上げたという感覚です。

幸い、音楽の方向性や特徴の付け方をわりと早い段階で見出せたので、
スムーズに作り進めることは出来たのですが、
このエンディング曲だけはかなり悩みました。

作っては消しを繰り返しつつ、
最終的にはライトモチーフが道しるべとなってサビが出来上がり、
そこから発展するように周りも固まっていき、
どうにか完成させることができたのでした。


道を見失ったら、
立ち止まり来た道を振り返ってみるのも良いかもしれませんね。
そこにはきっと窮地を救うヒントが転がっていますから。


このようにどうにか難題を乗り越えた自分を
祝福したい時のBGMにいかがでしょうか?


以上でウィッチリングマイスター OSTのリリースは完了です。


Twitterでも少し紹介いたしましたが、
音楽データが欲しい方は
ゲーム購入者限定アンケートにご回答いただけると、
特典としてダウンロードができるようになります。

旅のお供として手元に欲しいという方は
是非ご検討ください。

2016/06/25

witch ring meister ost #07

ウィッチリングマイスター OST

7曲目の今回は
春のテーマ「そよ風らんらんイヤリング」です。




タイトルやオープニングが終わり
ゲーム本編がはじまって最初に流れる通常BGMということで、
都会でのショップ経営という今までにない新鮮な世界観を演出するため
爽やかクールに吹き抜ける春風をイメージした現代的なレトロポップにしました。

新しいことを始める際に背中を押してほしい時のBGMにいかがでしょうか?


この曲は30分ループExtend版も用意しています。
新鮮な気持ちで30分間集中したい時は、こちらをどうぞ。



それでは、また1週間後にお会いしましょう。
次回は最終回です。